ほうけいを自力で治す最短3週間のこっそりトレーニング

自力でほうけいを治すトレーニングをこっそり公開。最短3週間のこっそりトレーニングで、ほうけいを自力で治してみましょう!ほうけいは手術をしなくても治ります。

 

包茎は自分で克服できます

 

⇒包茎は自分で治せます。包茎は自分で治せます。

 

ほうけいってそもそもどんな状態のこと?

 

ほうけいとは?そもそもほうけいってどんな状態のことを指すのでしょうか?ほうけいは、男性器の先端にあたる亀頭という部分が、包皮に覆われて露出できない状態のことを指します。

 

また、ほうけいにも種類があって、「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」」と大きく分けると3種類のほうけいがあります。男性は生まれつきほうけいです。中高生くらいからの成長期に、亀頭の成長と勃起を繰り返すことで、包皮も伸びていきます。

 

亀頭の成長と勃起を繰り返すことで、包皮が伸びていき亀頭が露出していくのですが、成長段階は人それぞれなので、包皮口が狭いままだったり、包皮全体が伸びすぎていたりして、亀頭が露出せず隠されてしまい、常時ほうけいの状態が続くのです。

 

ほうけいってダメなの?

 

思春期の男の子の悩みの中の一つで多いのがほうけいの悩み。同級生や友達など、他人とお風呂に入る機会が増えてくる時期ぐらいからリアルに悩みます。

 

私も40代まで真性包茎だったので、修学旅行とかで友達に見られると嫌だったので、お風呂に入るときは、ずっとタオルで隠していました。「あいつほうけいなんじゃない?」とか疑われそうで、ずっとタオルで隠すのも気を遣うし不安でした。

 

彼女ができたときも、嫌がるんじゃないか?とか考えていたので、彼女にすらなかなか見せることができませんでした。最近は女性にもほうけいに対する知識が広まっているので、悩んでいる男性がさらに増えてきました。

 

明治時代の文献にもほうけいのことが記載されているぐらい、昔からある話題であります。ちなみに海外では、ほうけいは「真性包茎」だけの事を指し、平常時にむけていない「仮性包茎」は、ほうけいとは認識されておらず、むしろ普通のことです。

 

手を加えてむけた状態にするのは、日本だけの独特の文化なのかもしれませんね。とはいえ、先日、女性週刊誌に、男性のほうけいが不衛生の要因となっていて、子宮頸がんや性病などになるのではないか?と、男性と女性が大論争している記事を見かけました。

 

ほうけいの種類によっても状態が違うので、ほうけいであること自体は、ダメではないのですが、不衛生な状態だけは、ほうけいであろうがなかろうが、避けておかなければなりません。

 

ほうけいは、恥垢や老廃物などが溜まりやすいので、ちゃんと洗わないと不衛生です。さらに「同性にも異性にも知られたら恥ずかしい」「不潔」「モテない」「早漏になる」などのイメージやコンプレックスもあります。

 

やっぱりほうけいは気になるので、できれば治しておきたい。でも手術はちょっと怖いし、そんなお金ないし、自力で治したいけど誰にも相談できない!そんなあなたに「ほうけいを自力で治すトレーニング」を伝授します。

 

⇒包茎手術をタダで受ける方法

 

ほうけいを自力で治すトレーニング

 

ほうけいを自力で治すトレーニングですが、とても簡単です。ポイントは包皮を伸ばす習慣をつけること、亀頭が露出しているときの刺激への対処の2つです。

 

包皮を伸ばすトレーニング

まずは、お風呂の湯船の中で、包皮を剥いて亀頭を露出させるトレーニングを行いましょう。湯船の中であれば、包皮が柔らかくなり剥きやすくなります。少しづつ何回も亀頭がある程度露出するまで繰り返します。

 

痛みを感じる場合は、無理に露出させなくても良いです。ここでのトレーニングは、あくまで包皮を伸ばすことにあります。人間の皮膚というのは、意外と伸びるものです。妊娠したおなかもそうですよね。妊婦さんもお腹の皮が伸びているのです。

 

また、太っていた人が、急に痩せてしまうと皮膚がたるんでいますよね。あれも皮膚が伸びていた証拠です。同じように、包皮も伸ばすことができます。湯船の中で皮膚が柔らかくなった状態なら、伸びやすくなります。

 

湯船の中で包皮を伸ばすトレーニングを繰り返し、亀頭を完全に露出させることができるまでになったらOK。真性包茎の場合、なかなか亀頭が露出してくれない場合もありますので、次の包皮口を広げるトレーニングを試してみてください。

 

包皮口を広げるトレーニング

ほうけいの原因のほとんどは、包皮口が狭いことにあります。包皮口が広がれば亀頭は自然と露出します。ここでのトレーニングも湯船の中で行います。湯船に浸かり、皮膚が柔らかくなってきたら、包皮口を手指で少し広げてみます。

 

痛みを感じる場合は、無理に広げなくて良いので、広げられるところまで広げます。包皮口を広げる⇒亀頭が露出するぐらい剥いてみる⇒元に戻すを繰り返します。

 

  1. 包皮口を手指で広げる
  2. 包皮を向いて亀頭を露出させてみる
  3. 元に戻す

 

湯船の中で亀頭を完全に露出させることができるぐらいまで、1〜3を1日20回繰り返します。痛みが辛い場合は、無理せずお休みしましょう。焦らずとも少しづつでも必ず包皮は伸びてきます。

 

亀頭露出時の刺激に慣れるトレーニング

包皮が伸びて亀頭を完全に露出させることができるようになれば、次は亀頭露出時の刺激に慣れるトレーニングです。ここでのポイントは、勃起したときに締め付けられていないか?です。

 

勃起したときに亀頭が締め付けられているようで、痛かったり、辛かったり、亀頭がうっ血している場合は、まだ包皮口が狭いというサインなので、トレーニングの1と2に戻り、もう少し包皮口を広がるまで続けましょう。

 

勃起しても亀頭が締め付けられないぐらいまでに、包皮口が広がっていたら、包皮を剥いて亀頭をシャワーで洗ってみましょう。亀頭が露出できるようになったとき、最初のハードルが、亀頭に何かが触れたときの刺激です。

 

亀頭がシャワーの刺激に耐えられるぐらいになるまで、最初は勢いを弱めにして、慣れてきたらだんだん強くしていきます。このタイミングで、恥垢などの汚れを洗う習慣をつけておきましょう!

 

亀頭の露出を維持させるトレーニング

亀頭が露出できるぐらい包皮口が広がってしまえば、いよいよ最終段階です。ここが正念場というか、個人的には一番辛かった(笑)ほうけいを自力で治すにしても、手術で治すにしても避けて通れない道です。

 

遅かれ早かれ、ほうけいを乗り越えた男性全員が経験したことです。包皮で覆われていた亀頭は、ずっと外部からの刺激から守られていた状態なので、とても刺激に敏感です。

 

何か軽く触れただけでも、刺激を感じ、最初は痛みさえ感じます。パンツを履いて歩くことさえ刺激が強いので、ここで包皮を戻してしまい、ほうけい状態を維持させてしまう男性が多いのです。

 

それこそ、風が吹いただけでも、痛いほどではないが、何かしらの刺激を感じるほどです。この亀頭露出時の刺激に、どう対応するか?が、亀頭の露出を維持させるトレーニングのポイントです。

 

さて、亀頭露出時の刺激にどう対応するか?ですが、ズバリ!我慢!これが一番シンプルな方法です!こればかりは仕方ないんですよ(笑)全員経験することです。この痛みを乗り越えることが、大人への階段なのです。

 

とはいえ、出来るだけ刺激がないほうが良いに決まっていますので、私が痛みを乗り越えた方法をこっそりいくつか伝授しちゃいましょう!

 

亀頭が露出したときの刺激をやわらげる方法

亀頭が露出し始めたときに、ある一定期間は亀頭が刺激に慣れるよう、刺激に耐えつつ過ごさなければなりません。一定期間を過ぎれば、刺激も逆に心地よくなり始める時期が訪れ、だんだん刺激を感じなくなってきます。

 

1〜2週間ほどぐらいが目安です。その期間中あまりに無防備すぎるのも、私生活に支障が出てしまい、かえって良くないので、私が試して良かったいくつかの方法を伝授します。

 

トランクスからボクサーパンツにする

亀頭はこすれることにより刺激を感じます。トランクスだと隙間が多く、男性器がブラブラして、トランクスにこすれやすくなりますので、ボクサーパンツに変えてみましょう。ボクサーパンツなら、ある程度固定されるので、刺激が少なくなります。

 

ガーゼと包帯で保護する

ガーゼと包帯で保護する方法も刺激が少なく、清潔に保てます。ただ、トイレが不便になるので、そこがデメリットです。尿道口部分を開けて、ガーゼだけを巻いてテーピングするのもありです。トイレ後は可能な限り交換し清潔にしておきましょう。

 

ラップを巻いておく

ラップを巻いて保護するのも刺激が少なくなります。初期段階では厚めに巻いて、だんだん薄くしていけば、段階的に刺激に慣れることができます。こちらはトイレ前に使い捨てにし、トイレ後に新しく巻き直すことをおすすめします。

 

ミニサイズのラップなら、比較的持ち運びしやすいです。ただ、夏場などは汗をかきますし、かぶれてしまう恐れもありますので、敏感肌などの皮膚が弱い人は注意して下さい。

 

少しでも異常を感じたら、すぐ病院へいきましょう。

男性器はデリケートな部分なので、異常を感じたらすぐに病院へ行きましょう。包皮を伸ばしているときに大きく裂けてしまったり、炎症を起こしたり、出血がひどい場合は、無理せず、一旦トレーニングをお休みしましょう。

 

また、亀頭と包皮がくっついて、なかなか剥くことができない場合も無理は禁物です。亀頭と包皮が癒着しているので、無理矢理剥がすと、出血して激しい痛みを伴います。すぐに泌尿器科で受診してください。

 

包茎治療器具で安全にほうけいを自力でなおす

ほうけいを自力で治したいけれど、少しでも早く治したいという場合、包茎治療器具を使えば効率よく安全です。世界で唯一の包茎治療器具といえば、キトー君という包茎治療専用の器具。キトー君という包茎治療専用の器具。

 

キトー君という包茎治療専用の器具キトー君という包茎治療専用の器具。は、真性包茎とカントン包茎を自分で治せる器具で、99.9%の成功率でほうけいを治せるということが、データで証明されている器具です。

 

キトー君の構造は、狭くなっている包皮口を安全に広げることができる仕組みになっていて、自然に剥ける過程を再現する方式を採用しています。手術などのように包皮を切ったりしないので、治療後の傷や副作用などの心配はありません。

 

  • ほうけい手術で切りたくない
  • 自然な形で安全にむきたい
  • 誰にも知られたくない

 

これらの悩みを解決してくれる世界で唯一の包茎治療器具です。公式サイトで購入すれば、1週間試して効果がなければ、返金してもらえる全額返金制度や手術代金保証制度もある。

 

Amazonでも販売されていますが、少し割高で手術代金保証制度がありません。また、公式サイトで購入すると、匿名で何を買ったか誰にもバレないように発送してくれます。

 

⇒泌尿器科の医師からの推薦もある世界で唯一の包茎治療器具のキトー君

 

TOPへ